「Dropbox Business」、環太平洋大学が全学で採用(PR TIMES)

環太平洋大学コンテンツ

共同作業のプラットフォームを提供するDropbox Japan 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 五十嵐 光喜)は本日、学校法人創志学園が運営するIPU・環太平洋大学(所在地:岡山県岡山市、学長:大橋節子、以下IPU)が、同社の提供する Dropbox Business の導入を全学で開始したことを発表しました。これにより、同大学では最新資料を参照・共有できる環境を整備するとともに、モバイルデバイスでの閲覧を推進することでペーパレス化も実現しています。

学内からの情報アクセスニーズが増大、ファイルサーバー+VPNの運用が限界に

IPUは、適切な大学運営を行う上でカギとなる「情報共有」の仕組みとして、かつてIPUはグループ傘下の教育機関のファイルサーバーを外部のデータセンターに構築し、そこに各機関がVPNで接続することで、データの一元管理と共有をしていました。ところが、モバイルデバイスの普及に伴い、学外からも情報にアクセスしたいとのニーズが急増していました。また、VPNに接続するにはアカウント作成やアクセス権限の設定が必要です。多くの教職員が勤務する大学組織では、そうした作業の負荷が高まりがちであり、この点も解決すべき課題になっていました。

高度なセキュリティにより、いつでもどこでも情報が共有できる環境を実現

IPUでは、これらの課題を考慮し、新しい情報共有基盤のあり方を模索しました。検討の結果採用したのが、「Dropbox Business」でした。まずは事務職員や一部の教員、および創志学園本部のスタッフに計250アカウントを配布、運用を開始しました。

環太平洋大学事務局 情報システム課課長、大賀吉功氏は次のように語ります。
「決め手は、いつでも、どこでも、どんなデバイスからもデータにアクセスできる環境を整備できることでした。また同期速度も速く、事務資料はもちろん、学校行事の動画や写真といった大容量データもストレスなく扱える点は大きな魅力でした」

高度なセキュリティも評価されました。例えば、「リモートワイプ」は、利用者が万が一デバイスを紛失しても、特定のデータを遠隔にいる管理者が選択・消去できる機能です。これにより、機密性の高いデータもセキュアに共有できると判断しました。さらに、ユーザーのアクセス権限も管理コンソール上で簡単に設定変更できるため、教職員の入退職にも必要な作業が迅速に行えると考えました。

続きは、「Dropbox Business」、環太平洋大学が全学で採用(PR TIMES)

環太平洋大学コンテンツ 共同作業のプラットフォームを提供するDropbox Japan 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役...

環太平洋大学コンテンツ

環太平洋大学コンテンツ

「Dropbox Business」、環太平洋大学が全学で採用(PR TIMES)

学校事務ネット★求人情報

学校事務ネット★ニュース

学校事務ネット★参考書籍

学校事務ネット★求人情報★締切日順

学校事務ネット★学校一覧

学校事務ネット★都道府県一覧

学校事務ネット★サイトトップ